社長挨拶




代表取締役社長

菊 池 宏 行
Hiroyuki Kikuchi


 

 当社は、栃木県佐野市を供給区域として、約8,700戸のお客様に都市ガスをお届けしています。また、その他周辺地域には、約2,800戸のお客さまにプロパンガスをご使用頂いております。

 会社設立は、昭和29年5月で今年64期目を迎えて、現在 新たなる気持ちで着実に事業基盤の拡充を図っております。


 当社の供給区域の佐野市は、平成17年2月田沼、葛生と1市2町で合併し、人口120,200人 栃木県内で5番目に人口の多い市になりました。当社もこの合併を機に、周辺地域への営業を充実させ、更なる事業拡大を図って参りたいと考えております。


 また、今までガスの仕入れ先は、国際石油開発帝石一社のみでしたが、平成16年10月から東京ガスより天然ガスの受け入れを開始し、よりガスの安定供給が確実なものとなり今後の需要拡大に邁進できる環境が整ってまいりました。


 天然ガスは、石油・石炭と比較して、燃焼時に地球温暖化や大気汚染の原因となる二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)の排出が少なく、硫黄酸化物(SOx)も全く排出しない、クリーンなエネルギーです。

 天然ガスはその優れた環境特性から地球環境保全に貢献し、また世界各地に広く埋蔵されていることから安定供給が可能であるため、わが国の基幹エネルギーとして注目され、より一層の利用拡大が求められています。


 私どもは、これからも環境にやさしい、安全でクリーンなエネルギーを、お客さまに安心してお使いいただけるように様々なサービスをご提案し、より豊かな地域社会の発展に貢献いたしたいと念願しております。